ポラリスNR-10の特徴

ポラリスNR-10は、ポラリス製品シリーズのなかで最も高機能と言えるクリームタイプの育毛剤。
ミノキシジル16%は最高濃度。


「ポラリスNR-10」はこんな人に最適!
・すでに進行してしまった抜け毛対策
・5年以上抜け毛が続いている人
・頭の頭頂部から生え際まで頭皮全体を育毛したい
・禿げ部分面積の広い人
・ほとんど毛がない人
・髪の毛がバリバリになるのがイヤ
・NR-07やNR-08を使っていて、さらに発毛を促進させたい
・NR-08を使っても副作用が出なかった


主成分のミノキシジル濃度は最強の16%。
フィナステリドやプロシアニジンB2、銅ペプチド、血管内皮成長因子(VEGF)などを配合。
長年の薄毛の悩みを解決できる可能性が高い製品。
ポラリスNR-10[ミノキシジル16%]

期待できる効果
NR-10は、頭皮全体の薄毛を改善でき、すでに進行してしまった抜け毛に対して効果を発揮します。


16%ミノキシジルがつむじ部分に働きかけます。
ポラリスNR-10は、凝縮されたミノキシジルで頭頂部の抜け毛を防止、髪の再生の助けをします。

NR-10にはなんとフィナステリドも含有。
男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の生成を防ぐ効果があり、抜け毛を予防します。

プロシアニジンB2は、抜け毛の原因となる酵素を抑制します。

銅ペプチドは、男性型脱毛症の原因の一つである5α還元酵素を抑制する作用があります。
ヘアサイクルの休止期を短縮し、毛包を増加させ、毛母細胞を大きくする作用があるので、髪の再生を促します。

血管内皮成長因子(VEGF)は、新たな血管の形成を補助する糖タンパク、育毛促進につながります。

アラントインは、細胞増殖効果があります。


Liposphereテクノロジー
Liposphereテクノロジーとは、成分を人間の肌細胞に近いカプセル状の配列にそろえることで、
肌への成分吸収をより効果的に助ける技術のこと。
これにより頭皮の表面だけでなく毛穴の奥深く(細胞の層の部分)まで
成分を浸透させることができるのです。
さらに、このカプセル状の配列は頭皮の水分不足や不快感も防止します。



ポラリスNR-10の主成分
ミノキシジル16%
フィナステリド
プロシアニジンB2
銅ペプチド
血管内皮成長因子(VEGF)
アラントイン
コラーゲン
エラスチン
ペプチド複合体
ビタミン複合体


主成分比較一覧
ポラリスNR-07 ポラリスNR-08 ポラリスNR-09 ポラリスNR-10
ミノキシジル5%
アゼライク酸2%
りんごポリフェノール
アデノシン
Lリジン
オレアノール酸
ビオチン
ミノキシジル7%
アゼライク酸5%
りんごポリフェノール5%
銅ペプチド
アデノシン
Lリジン
オレアノール酸
ビオチン
ミノキシジル15%
りんごポリフェノール
プロシアニジンB2
銅ペプチド
アデノシン
サイモシンβ4-ポリペプチド成長因子
ビタミン複合体
リポソーム・カプセル
ミノキシジル16%
フィナステリド
プロシアニジンB2
銅ペプチド
血管内皮成長因子(VEGF)
アラントイン
コラーゲン
エラスチン
ペプチド複合体
ビタミン複合体



ポラリスNR-10の副作用
ミノキシジルの濃度が高いほど、副作用の発生するリスクが高まります。
つまりNR-07やNR-08より副作用が出やすいです。
ただ全体的な副作用発症率はきわめて低く、9割以上の人は副作用はなく、
比較的安全な医薬品と言われています。


最も多い副作用が、頭皮のかゆみ。
また炎症や発疹、かぶれ、ふけ症などの副作用が確認されています。

まれに頭痛や全身の発汗、日中の眠気や頭痛、性欲減退、体重の増加、むくみ、倦怠感などに加えて、
胸の痛み、動悸などといった心臓や血管に関係した副作用が確認されています。

ただ、副作用が発生するリスクは少なく、発毛の可能性はかなり高いので
試してみる価値はあると思います!


ポラリスNR-10はミノキシジル濃度が高いので、
リアップX5やNR-07、NR-08を試して問題がないことを確認した後に使うことをおススメします!

ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として高血圧を下げるための医薬品でしたので、
心臓病の人、血圧を下げる薬を服用している人は、使用を控えた方がよいでしょう。

ポラリスNR-10[ミノキシジル16%]

inserted by FC2 system